マックスで十分かも

スチーマーの機能に見る時短

洗濯時の大きな時短は、洗濯物を干してから乾かしたたんで収納するところにかかる手間を軽減することです。
作業の流れをスムーズにしてみることです。
自宅の中を歩いて移動する距離と時間が、意外に把握できていないので、洗濯時の動線を考えることで、時間が軽減されることがわかってきます。
洗濯機をかけている時間は、家電製品の機種が変わっても大きく変わっていませんが、汚れの落とし方によって時間に違いが出ます。
洗い方という部分で、洗剤や柔軟剤の投入や、洗剤の選び方、つけ置き洗いや漂白剤の仕様など、各衣類の洗濯表示を守りながら丁寧に扱うことで失敗もなく、衣類のダメージも減ります。
洋服を買うことが趣味でなければ、程々の枚数で1シーズン過ごすことも可能です。
勿論きちんとコーディネートもできます。
予定日に着ることができなかったり、汚れが取れずに二度と着ることができなくなって気分を害すことがなければ、大丈夫です。

間違った洗濯方法はバツ

普段通りに洗濯できる衣類や下着は、夜就寝前に洗濯機のタイマーをかければ朝起床後に身支度を整えてから干すことも可能です。
特別な洗濯物は夜に手洗いなどをして部屋干しすることにして、別に分けることも必要です。
あらかじめオシャレ着などの化繊の衣類やニットなど中性洗剤使用の洗濯表示の物は、別のカゴに入れて分けておくと効率的です。
洗濯ネットなどを利用して、家族それぞれが洗濯物を分けて入れておきその後洗濯機にまとめて入れるのも、小物の紛失や下着の型崩れを防ぎます。
できるだけハンガーに干すことで、そのまま乾かして収納して片付ける作業を一体化するのも時短になります。
自宅の間取りも考えて、洗濯機のあるスペースと干すスペースと片付ける収納スペースの考案に力を入れると、自動的な時短が実現します。