アイデアグッズの発想

ひと手間の掃除回数を増やす

家の中の水廻りなどに掃除グッズを常備して、目立たない場所にしのばせておくと便利です。
たとえば洗面所で自分が手を洗い終わった時に、しのばせておいた掃除グッズで汚れを拭くひと手間で掃除終了です。
洗面所に小さなスポンジや手製の毛糸クロス、リビングや廊下に使い捨てモップ、玄関近くにほうきや塵取り、テレビサイドにハンディモップなどのアイデアでいつもキレイです。
キッチンでの食器洗いが終わってから、コンロ回りやシステムキッチン廻りをクロスでグルっと軽く拭いておくなど。
就寝前には三角コーナーに除菌洗剤や漂白剤などをスプレーしておいたり、蛇口周りをクロスで拭いておく掃除のひと手間で快適です。
トイレに入った際にも、使い捨てのシートや洗浄スプレーなどで簡単にひと手間で掃除できます。

ルーティンワークはロボットや商品に

時代も変わりつつ、アニメや映画以上にロボット活用が盛んになりそうで嬉しいところです。
お掃除ロボットも、最先端にクレーバー。
機能が良くなり、ゴミを残したり掃除の途中で家具などに引っかかることなどの課題も軽減されています。
洗濯機は容量も大きく、高度な機能も搭載されかなり満足できます。
毛布などもボタン一つで洗って脱水できるのは季節の作業の軽減につながります。
最新家電製品では、ジャケットなどをハンガーのようにかけて臭いを消したり花粉のケアを可能にした機能て、アイデアがスゴイです。
洗剤と洗濯機の効果がコラボして時短にも成功していて、家族に洗濯物の仕上がりで叱られることも減りました。
直接身につける衣類はキレイに見えたり衛生的なことも必須ですが、何より、肌ざわりや風合いが仕上がりの良さに直結します。